WEB診療予約WEB診療予約 診療時間診療時間
文字サイズ:

ぜんそく(気管支喘息)の診療について

自分は喘息(ぜんそく)だから、息切れや咳が出るのはしょうがないと、あきらめていませんか?現在では医療の進歩により、多くの方は喘息のない方とほとんど変わらない(症状のない)生活を送ることができます。
特に子供の頃から喘息のある方や、何十年も喘息といわれている方は要注意です。

本当にあなたの喘息はコントロールされていますか?

息切れのある生活に慣れてしまうと、軽い発作がでていても、「これは私の体質だから」と軽くみてしまいます。
また、「大人になったら喘息にはならない」とお考えの方もいらっしゃいますが、大きな間違いです。50歳でなる方もいれば、中には70歳を超えてから喘息になる方もおられます。何歳だから大丈夫ということはありません。

日常の中で次のようなことはあてはまりませんか?

  • 朝と晩で息のしやすさが違う。
  • 一年の中で、調子のいい時と悪い時がある(台風の時期や、季節の変わり目、花粉症の時期など)
  • 冷たい空気を吸うと息がしづらくなる。
  • タバコの煙を吸うと息がしづらくなる。
  • 風邪を引いた後に発作が出る。
  • ほこりっぽいところにいると調子が悪くなる。
  • 階段を上がったり、速足で歩いたときにつらくなる
  • ペットを飼いだしてからなんか調子が悪い。

一つでも当てはまる方は、気道(空気の通り道)の炎症(腫れ)が続いている可能性があります。

当院では喘息の診療に力を入れております。

お気軽にご相談ください。